緊急走行中の覆面パトカー、新聞配達員のバイクと出会い頭に衝突

自動車 社会 社会

13日午前9時55分ごろ、静岡県静岡市駿河区内の県道で、交差点を進行していた緊急走行中の捜査車両(覆面パトカー)と、交差進行してきたバイクが出会い頭に衝突する事故が起きた。この事故でバイクは転倒し、運転していた63歳の男性が重傷を負っている。

静岡県警・静岡南署によると、現場は静岡市駿河区八幡付近で片側2車線の直線区間。交差点には信号機が設置されている。同署の捜査車両は管内での事件発生の通報を受けて緊急走行しており、現場の交差点には赤信号の状態で進入したところ、左方向から交差進行してきた新聞配達員のバイクと出会い頭に衝突した。

衝突の弾みでバイクは転倒。運転していた63歳の男性は近くの病院へ収容されたが、胸部骨折などの重傷を負った。警察は捜査車両を運転していた同署の28歳男性巡査長から自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)容疑で事情を聞いている。

現場は交通量の多い交差点。警察では巡査長に安全確認の怠りがあったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集