愛知県知事、県内の航空・医療産業のタイ進出を示唆

エマージング・マーケット 東南アジア

左から大村知事、ウィトゥーン次官、アチャカー工業省産業振興局長
  • 左から大村知事、ウィトゥーン次官、アチャカー工業省産業振興局長
  • 左から大村知事、ウィトゥーン次官、アチャカー工業省産業振興局長
  • 左から大村知事、ウィトゥーン次官、アチャカー工業省産業振興局長
【タイ】愛知県の大村知事は10日、バンコクのタイ工業省で、愛知県とタイ工業省の経済連携の推進を目的とする覚書に調印した。

 調印式に出席したウィトゥーン工業省事務次官は「愛知県は自動車産業のほかにも、航空機部品や医療機器関連の産業で注目を集めている。航空機部品などは、タイ工業省としても優先度が高い産業である。本日の覚書調印後、双方の産業が連携していくことを強く望んでいるが、特にこの2業種について期待を寄せている」と述べた。

 大村知事は6日から、シンガポール、インドネシア、タイを歴訪し、12日に帰国する予定。これに合わせ、バンコクで10日に観光関連の説明会と商談会が行われたほか、5―14日、愛知県の農林水産物と加工食品を展示販売する「愛知フェア」がバンコク都内のショッピングセンター、サイアムパラゴンで開催中だ。

愛知県とタイ工業省が経済連携覚書、大村知事が調印

《newsclip》

編集部おすすめのニュース