フォルクスワーゲン豊明、移転リニューアル…旧店舗跡地は認定中古車センターに

自動車 ビジネス 企業動向

フォルクスワーゲン豊明・新店舗完成予想図
  • フォルクスワーゲン豊明・新店舗完成予想図
フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)と正規販売店契約を結ぶトヨタカローラ名古屋は、既設の「フォルクスワーゲン豊明」を移転、店舗を新設し、9月13日より新店舗での営業を開始する。

新店舗は、旧店舗から900メートルほど南西に移動。伊勢湾岸自動車道の豊明ICや名鉄豊明駅とも近接したエリアに位置、これまでと同様にアクセスに優れている。さらに今回の移転に伴い店舗を拡張。車両展示や商談スペースもより広くなり、多くの来店が期待できる店舗として生まれ変わった。

新店舗は、フォルクスワーゲンが全世界で展開しているコーポレート デザイン「モジュラー コンセプト」に基づいて設計。同コンセプトの重要なデザイン要素であるホワイトフレームがショールームを囲い、フォルクスワーゲン店としての存在感を際立たせるとともに、白で統一されたクリーンなショールームは、常時7台のフォルクスワーゲンが展示可能だ。

なお、旧店舗の跡地は、「フォルクスワーゲン豊明 認定中古車センター」としてリニューアル。フォルクスワーゲンの認定中古車ブランド「Das WeltAuto(ダス・ヴェルトアウト)」に則った店舗として、10月11日より営業を開始する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集