福井鉄道「レトラム」、秋季運行始まる

鉄道 企業動向

9月6日から秋季運行が始まった福井鉄道「レトラム」(写真は春季運行時)。春季運行は不具合発生のため2週間ほど早く運行を打ち切ったが、その後修理を実施して秋季運行に望んでいる。
  • 9月6日から秋季運行が始まった福井鉄道「レトラム」(写真は春季運行時)。春季運行は不具合発生のため2週間ほど早く運行を打ち切ったが、その後修理を実施して秋季運行に望んでいる。
  • 「レトラム」の秋季運行は9月6日から11月30日までの土曜・休日、赤十字前~福井駅前~田原町間で実施される。
福井鉄道は9月6日、ドイツ製イベント用車両「レトラム」の秋季運行を開始した。

「レトラム」は1965年に製造された、西ドイツ(当時)・シュトゥットガルト市電のGT-4形。1990年に土佐電気鉄道が譲り受け、735形として同年8月8日から運行を開始した。10年ほど運行された後は長らく保管されていたが、福井鉄道が利用促進策の一環として735形を購入。今年4月12日から運行を開始した。

当初の計画では、春季運行として4月12日から6月29日までの土曜・休日に運行。7~8月は運行せず秋季に再び運行するものとしていた。しかし、車両の不具合が見つかったことから、福井鉄道は当初の予定より2週間ほど早い6月14日に春季運行を終了。修理を行って秋季運行に望んだ。

秋季運行は9月6日から11月30日までの土曜・休日を予定。運行区間は赤十字前~福井駅前~田原町間で、赤十字前発10時43分・12時53分・14時33分の3本と田原町発11時13分・13時30分・15時10分の3本を運行する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集