新型GALAXY Noteは側面部に狭枠ディスプレイ、心拍センサーも内蔵

エンターテインメント 話題
右側面に曲面ディスプレイを配した5.6型「GALAXY Note Edge」
  • 右側面に曲面ディスプレイを配した5.6型「GALAXY Note Edge」
  • 背面カメラは1600万画素、心拍センサーも搭載する
  • 右側面(エッジ)部にディスプレイを配した
  • 「GALAXY Note Edge」ブラックモデル
 サムスン電子は3日(現地時間)、「GALAXY Note 4」の姉妹モデルで右側面(エッジ部分)にまでディスプレイを延長した5.6インチスマートフォン「GALAXY Note Edge」を発表した。発売は2014年後半で、「GALAXY Note 4」より限られた地域になる。

 「GALAXY Note Edge」という名称にあるとおり、右側面(エッジ部分)に160ピクセル分の曲面ディスプレイを配したのが最大の特長。この部分に新着メールの通知を表示させたりが可能で、カバーを装着していても通知がわかるようになっている。また、よく利用するアプリなども表示できる。

 ディスプレイサイズこそ違うものの、仕様的には「GALAXY Note 4」と同等。ディスプレイは解像度2,560×1,440ピクセルの高精細Super AMOLED、プロセッサは2.7GHz駆動のクアッドコア、メモリ3GB、ストレージは32GB。カメラも背面に光学手ブレ補正に対応した1600万画素、前面に370万画素のカメラを装備する。

 ネットワークでは下り最大300MbpsのLTE Cat 6に対応。ワイヤレスはWi-Fi(802.11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1、NFC、機能としてGPS、GLONASS、センサーとしてジェスチャー、指紋認証、心拍数、ジャイロセンサーなどを装備する。バッテリ容量は3,000mAh。本体サイズは高さ151.3mm×幅82.4mm×奥行8.3mm、重量は174g。

右側面に曲面ディスプレイを配した5.6型「GALAXY Note Edge」

《関口賢@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集