カタール航空、ドーハ=ケープタウン直行便就航へ…11月3日から

航空 企業動向

カタール航空、ドーハ=ケープタウン直行便就航へ
  • カタール航空、ドーハ=ケープタウン直行便就航へ
  • カタール航空の旅客機
  • ケープタウン国際空港公式ウェブサイト
  • ボーイング787ドリームライナー(イメージ)
カタール航空は9月2日、ハマド国際空港(新ドーハ国際空港)と南アフリカのケープタウン国際空港を結ぶノンストップ定期便を11月3日から運航開始すると発表した。

現行の同路線は南アフリカのヨハネスブルグを経由しているが、使用機材の充実と需要の高まりを受けて、定期直行便の運航が決まった。便数は週5往復。使用機材は最新鋭のボーイング787型機「ドリームライナー」。座席数は254席(ビジネスクラス22席、エコノミークラス232席)。

同航空のアル・バクル最高経営責任者(CEO)は、今回の決定について、「ケープタウン直行便の就航を大変嬉しく思う。大人気の目的地であり続けるケープタウン直行便により、エミレーツの世界中のネットワークと世界屈指の観光地との接続がより便利になる」とコメントした。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース