緊急走行のパトカーに進路を譲ったバイクに対し、後続車が追突

自動車 社会 社会

8月31日午前10時5分ごろ、愛知県豊橋市内の国道1号で、緊急走行するパトカーを先に通そうと、交差点の手前で停車したバイクに対し、後続の乗用車が追突する事故が起きた。バイクの運転者が死亡。警察はクルマを運転していた80歳の男を逮捕している。

愛知県警・豊橋署によると、現場は豊橋市大岩町付近で片側2車線の直線区間。交差点には信号機が設置されている。同署のパトカーは事故発生の一報を受けて緊急走行中。現場の交差点を赤信号で通過しようとしたため、交差道路を進行していたバイクが進路を譲ろうと青信号の状態で停止したところ、後続の乗用車が追突した。

バイクは押し出されるようにして転倒。運転していた大阪府堺市内に在住する51歳の男性は近くの病院へ収容されたが、全身強打でまもなく死亡。警察はクルマを運転していた豊橋市内に在住する80歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)の現行犯で逮捕。男性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを続けている。

緊急走行していたパトカーはサイレンと赤色灯を使用していた。警察では乗用車側の前方不注視や漫然運転(見込み運転)が事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集