常石造船グループの多度津造船、8万2000MT型カムサマックスバルカーを引き渡し…パナマ運河通行可能

船舶 企業動向
多度津造船、「クリムゾン・エクスプレス」を引き渡し
  • 多度津造船、「クリムゾン・エクスプレス」を引き渡し
  • 多度津造船、「クリムゾン・エクスプレス」を引き渡し
  • 多度津造船、「クリムゾン・エクスプレス」を引き渡し
  • 多度津造船、「クリムゾン・エクスプレス」を引き渡し
常石造船は、グループの多度津造船が8万2100メトリックトン型ばら積み貨物船カムサマックスバルカー『クリムソン・エクスプレス』を竣工し、船主に引き渡したと発表した。

新造した船は、常石造船が2004年に開発したカムサマックスバルカー。2005年に常石造船本社工場で1番船を竣工して以来、グループ累計で建造185隻目となる。

この船型では、パナマ運河を通行可能な最大船型パナマックスバルカーの載貨重量を、常石造船が業界でいち早く従来の7万トン級から8万トンを超える8万2000トンに増加し、輸送効率を高めた。

「カムサマックスバルカー」という命名は、船の長さをボーキサイトの主要積出港であるギニア共和国カムサール港の、入港制限に対応する229メートルとしたことに由来している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース