【ツール・ド・フランス14】第1ステージ速報、フォイクトが山岳賞ジャージ確定(残り40km地点)

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

イェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング)
  • イェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング)
  • イェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング)
  • イェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング)
  • アンドレ・グライペル(ロット・ベリソル)
  • ツール・ド・フランス14 第1ステージ リーズからハロゲート190.5km
  • 2014ツール・ド・フランス第1ステージ
7月5日(土)第1ステージ:リーズ~ハロゲート(190.5km)
<残り40km>

大観衆の中、単独で逃げるイェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング)は、103.5km地点(残り87km)の3級山岳バタータブス、129.5km地点(残り61km)の3級山岳グリントン・ムーアを先頭通過。山岳ポイントを4とし、ねらい通りこの日の水玉ジャージ、マイヨ・ブラン・ア・ポア・ルージュ獲得を決め、メイン集団に吸収された。

一方、上り区間ではメイン集団内で分裂が発生。ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ)、ティボー・ピノ(FDJ)ら上りに強い選手に加え、日本期待の新城幸也(ユーロップカー)らが遅れる。しかし、数人をのぞき残り約45kmでなんとか合流を果たし、事なきをえる。

メイン集団先頭は、スプリンターのアンドレ・グライペル擁するロット・ベリソルが中心となってコントロール。この後は平坦基調のコースが続くが、予想通り集団スプリント勝負になるか、新たな展開が巻き起こるのか注目が集まる。
《光石達哉@CycleStyle》

編集部おすすめのニュース

特集