ZMPなど、物流支援ロボット「CarriRo」を共同開発…汎用台車に自律移動機能などを搭載

自動車 ビジネス 企業動向

ZMPは7月2日、THK、日本電産シンポ、東京藝術大学と共同で、物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」を開発したと発表した。

物流業界においては、少子・高齢化に伴う若年労働者の減少により、慢性的な人手不足が課題となっており、女性や高齢者でも負担が少なく働ける労働環境が求められている。

CarriRoは、荷物の運搬に用いる台車にロボット技術を適用し、負荷を軽減するアシスト機能や、作業員を追尾するかるがも機能、指定したエリアを自動で移動する自律移動機能を搭載。作業員の負荷軽減、運搬量の増加、運搬の自動化による生産性の向上が期待できる。また、市街地に溶け込むデザインで、スマートなワークスタイルを提案し、新しい労働力を取り込むことで人手不足の解消に貢献する。

CarriRoのコアとなる機構は、機械要素部品大手のTHKと日本電産シンポ、ロボット技術は ZMP、工業デザインおよびワークスタイルのデザインは東京藝術大学が担当した。

同製品は今秋をめどに物流会社向けにサンプル出荷を開始。共同で実証実験を行い、2015年中に約40万円(6年リースで月々7000円程度)で販売する予定。2020年に開催される東京オリンピックでは、競技場での機器や資材、飲食の搬入などを行うロボットとして提案をしていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集