【ヤマハ トリシティ 発表】柳社長「コンセプトアウトへの挑戦」

モーターサイクル 新型車
ヤマハの3輪バイク トリシティと女優の大島優子さん(右)
  • ヤマハの3輪バイク トリシティと女優の大島優子さん(右)
  • 女優の大島優子さん(左)と柳弘之ヤマハ発動機社長(右)
  • ヤマハ トリシティ MW125
  • ヤマハ トリシティ MW125
  • 写真はCMキャラに起用された女優の大島優子さん
  • トリシティと大島優子さん
ヤマハ発動機は7月1日に東京で新タイプの3輪ATバイク『トリシティ MW125』の発表会を開いた。同社がLMW(リーニング・マルチ・ホイール)と呼ぶ3輪以上の車両シリーズの第1弾となる。

発表会で柳弘之社長は、新モデルは同社の独創性や独自技術への「チャレンジの成果」とアピールした。第1に掲げたチャレンジは「独創性によるコンセプトアウト」とし、1977年に発売した女性向けスクーターの『パッソル』などを紹介しながら、同社の独創性の伝統が今回の「第3の移動体」の開発につながったと指摘した。

一方、前2輪という「独自技術」へのチャレンジによって「今までにない驚きと楽しさの走りが提供できるようになった」と述べた。柳社長はLMNシリーズについて、「今後は商用やツーリング、さらにはスポーツとバリエーションを広げ、排気量の大きいタイプも拡充したい」と語り、シリーズの強化計画も明らかにした。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • 【ヤマハ トリシティ 発表】柳社長「2017年にグローバルで10万台を」 画像 【ヤマハ トリシティ 発表】柳社長「2017年にグローバルで10万台を」
  • 【ヤマハ トリシティ 発表】柳社長、日本では「若者をターゲットに」 画像 【ヤマハ トリシティ 発表】柳社長、日本では「若者をターゲットに」
  • 【ヤマハ トリシティ 発表】CMキャラに大島優子さん「今、教習に通っています! 早く乗りたい!」 画像 【ヤマハ トリシティ 発表】CMキャラに大島優子さん「今、教習に通っています! 早く乗りたい!」