マレーシア大卒者、スキル不足原因で就職難 若者が失業者全体の60%占める=世銀

世界銀行のマレーシア・経済モニターによると、マレーシアの15-24歳の若者の失業率は高くないものの失業者全体に占める割合は高く、懸念される状態となっている。

エマージング・マーケット 東南アジア
世界銀行のマレーシア・経済モニターによると、マレーシアの15-24歳の若者の失業率は高くないものの失業者全体に占める割合は高く、懸念される状態となっている。

大学レベルの教育を受けた人材でも企業が求めるスキルが不足していることが多いという。

年齢グループ別の失業率で、若者の失業者の数は全体の60%を占めた。世界銀行は、教育を受けた20-24歳の若者の失業率が高くなっていることに懸念を示している。2007年から2012年の間に、新卒者を中心とした、高等教育を受けた労働者の数は46%増加している。

高等教育省によると、2012年の大学卒業者の4分の1は卒業時に就職先が決まっておらず、世界銀行によると25歳以下のディグリー(学位)保有者の5人に1人が無職だった。

マレーシアでは新卒者の多くが「非現実的な」賃金を受け取ることを期待しており、企業側は新卒者にそれだけの報酬を約束することは多くないという。
千田真理子

編集部おすすめのニュース

  • マレーシアの今年の経済成長、世銀が5.4%と予想 画像 マレーシアの今年の経済成長、世銀が5.4%と予想
  • 補助金付き燃料横流し防止、4項目の措置を導入 マレーシア 画像 補助金付き燃料横流し防止、4項目の措置を導入 マレーシア
  • 4月の失業率、0.1ポイント下降し2.9%に…マレーシア 画像 4月の失業率、0.1ポイント下降し2.9%に…マレーシア
  • マレーシア国内製造業者、下期の業況見通しが改善 MIER&FMMの共同調査 画像 マレーシア国内製造業者、下期の業況見通しが改善 MIER&FMMの共同調査