中古車アプリ、20代利用者は1日2回以上起動…ジャストシステム調べ

ジャストシステムは、20代~60代の男女を対象に「中古車アプリに関するアンケート」を実施、その結果を発表した。

自動車 ビジネス 国内マーケット
中古車販売店(参考画像)
  • 中古車販売店(参考画像)
ジャストシステムは、20代~60代の男女を対象に「中古車アプリに関するアンケート」を実施、その結果を発表した。

調査は6月19日と20日に、同社のセルフ型アンケートサービス「ファストアスク」のモニタのうち、事前の調査で「直近1年以内にスマートフォンで中古車アプリを使用した」と回答した20代~60代の男女405名に行った。

調査結果によると、中古車アプリの利用者のうち、61.5%の人が中古車アプリによって「中古車情報を見る機会が増えた」と回答。年代別で見ると20代が最も多く(70.4%)、次いで40代(60.8%)だった。

中古車アプリのプッシュ通知で最も役立つ情報は、「注目している車の値下げ」と答えた人が最も多く(42.5%)、次いで「希望に合う車の入庫情報の通知」(35.1%)だった。一方、「プッシュ通知は使っていない」という人も20.2%いた。

中古車アプリを起動する頻度は、「週に1、2回程度」の人が最も多く(27.9%)。次いで「1日2回以上」(17.8%)、「1日に1回程度」(16.8%)で、合計すると3人に1人は、1日に最低1回以上起動しているようだ。年代別で見ると、20代は「1日2回以上」が最も多く(29.6%)、30代以上の各年代では「週に1、2回程度」が30%前後で最も多いという結果になった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集