札幌市交通局の運賃改定、10月1日実施で認可

鉄道 行政
札幌市営地下鉄と札幌市電の運賃改定は10月1日に実施。地下鉄は1区区間の普通運賃を現行のまま据え置く。
  • 札幌市営地下鉄と札幌市電の運賃改定は10月1日に実施。地下鉄は1区区間の普通運賃を現行のまま据え置く。
  • 札幌市営地下鉄と札幌市電の運賃改定は10月1日に実施。市電の普通運賃は現行のまま据え置く。
国土交通大臣は6月20日、札幌市が申請していた市営地下鉄と市電の上限運賃変更を認可した。運賃改定は10月1日に実施される。

運賃の変更は4月1日の消費税率引上げに伴うもの。改定率は市営地下鉄が2.635%(普通旅客運賃2.570%、定期旅客運賃2.861%)、市電が0.447%(普通旅客運賃0.163%、定期旅客運賃2.882%)になる。市営地下鉄は1区区間の普通旅客運賃、市電は普通旅客運賃について、現行のまま据え置く。

運賃改定が税率引き上げの半年後となることについて、交通局は「バスとの乗継割引を含め料金制度が複雑化しており、システム改修に時間を要するため」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 札幌市交通局、運賃改定を申請…10月1日実施へ 画像 札幌市交通局、運賃改定を申請…10月1日実施へ
  • 消費税率引き上げで「二重運賃」スタート 画像 消費税率引き上げで「二重運賃」スタート
  • 鉄道各社の運賃改定方針出そろう…一部は据え置き 画像 鉄道各社の運賃改定方針出そろう…一部は据え置き
  • 札幌市交通局、税率変更に伴う運賃改定は10月に 画像 札幌市交通局、税率変更に伴う運賃改定は10月に

特集

おすすめのニュース