エミレーツ航空、ムンバイ~ドバイ間でエアバスA380を就航…7月21日から

自動車 ニューモデル 新型車

エミレーツ航空のA380
  • エミレーツ航空のA380
エミレーツ航空は28日、ムンバイ-ドバイ間でエアバス「A380」の運行を開始し、週に2127席分の増席を行うと発表した。エコノミックタイムスが伝えた。

デリーとムンバイにおいて5月30日からA380の就航を開始したシンガポール航空に続き、エミレーツ航空は同じく7月21日からさらに28ヶ所へのA380の就航も検討していると言う。

さらにはデリー~ハイデラバード間の需要の高まりを受けて、ボーイング777型機を新たに配置し、週に672席の増席を行うとしている。

この決定は先のドバイ-インド間で行われた政府による対話の中で、ドバイの航空会社に対して1万1000席の増席を提供する計画を受けてのものである。

エミレーツ航空のA380型機はファーストクラス14席、ビジネスクラス76席、エコノミークラス399席の計489席からなっている。
編集部

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集