飲酒運転と無免許運転の発覚恐れて逃走、発覚免脱で全国初の逮捕

自動車 社会 社会

福岡県警は27日、福岡県飯塚市内で軽乗用車を酒気帯び状態で運転中に対向車と衝突する事故を起こし、対向車の運転者を負傷させ、車両を放置して逃走したとして、直方市内に在住する40歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(発覚免脱)容疑で逮捕した。

福岡県警・飯塚署によると、問題の事故は2014年5月20日の午前0時40分ごろ発生している。飯塚市川島付近の国道200号バイパス(片側2車線の直線区間)を軽乗用車が逆走し、順走してきた別の軽乗用車と正面衝突。このクルマを運転していた24歳の女性が打撲などの軽傷を負ったが、逆走車を運転していた男は車両を現場に放置して逃走した。

警察では軽傷ひき逃げ事件として捜査を開始。車内に残されていた遺留品から直方市内に在住する40歳の男が運転していたものとみて、任意で事情を聞いていたところ、男は無免許運転と飲酒運転の発覚を恐れて逃走したことが判明。警察は自動車運転死傷行為処罰法違反(発覚免脱)容疑で逮捕している。

発覚免脱は飲酒や薬物摂取の発覚を恐れて逃走した場合の過重罰で、無免許運転とセットの場合は懲役15年以下に加重される。北海道警が送検時に容疑を変更した事件が最初の発覚免脱適用となったが、逮捕時から適用したのは今回が全国で初のケースとなる。

逮捕された男は違反累積により、昨年9月に免許を取り消されていた。また、男が運転していたクルマは同僚の所有で、直前まで一緒に酒を飲んでいたという。警察ではこの同僚も男の無免許と酒気帯び状態を認識しつつ、クルマを貸していたものとみて、詳しく事情を聞く方針だ。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品