パナソニック「2014 Ene-1GP SUZUKA」に今年も協賛…充電式EVOLTAでサーキットに挑む

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

パナソニックとオートモーティブ&インダストリアルシステムズは、2014年8月3日に、鈴鹿サーキットで開催される次世代エネルギーカーイベント「2014 Ene-1 GP SUZUKA」に今年も協賛する。

2社は、オフィシャルパートナーとして「充電式EVOLTA」、充電器などを提供する。

Ene-1 GPは、モノづくりとエネルギーマネジメントをテーマに、技術の発展・人材育成などモノづくり社会の活性化に寄与することを目的としたイベントで、鈴鹿サーキットでの開催は2011年から今年で4回目となる。

参加チームは、パナソニックの単3形「充電式EVOLTA」40本を動力源とした車両で、アップダウンが激しく過酷な鈴鹿サーキット 国際レーシングコースに追加充電なしで挑む。1周5.807km、高低差40mを誇る鈴鹿サーキットを攻略するためには、「充電式EVOLTA」の性能を最大限に引き出し、エネルギーマネジメントすることが重要となる。

従来の電気自動車による「KV-40チャレンジ」に加え、今回から市販の自転車を電動化して参加する「KV-BIKEチャレンジ」も新たに加わった。参加チームは全国から募集し、中学生(中学生の参加は、「KV-40チャレンジ」ではKV-2クラスのみ)から参加が可能。

5月26日時点で、両チャレンジ合わせて70台以上がエントリーしている。エントリーは「KV-40チャレンジ」は5月31日まで、「KV-BIKEチャレンジ」は6月30日まで受け付る。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集