カルソニックカンセイ、エンジニアリング情報を一元管理…グローバル開発体制を構築

自動車 ビジネス 企業動向

カルソニックカンセイは、CADデータを始めとするエンジニアリング情報を世界的に一元管理し、全開発拠点の設計者が、これを活用できる環境を提供する「グローバルPDMシステム」の仕組みを開発・構築した。

海外事業が拡大している中で、海外での開発を強化するのが目的。2014年度5月以降、アメリカ・イギリス・中国といった主要海外拠点に同システムを順次展開する予定。

同システムには、CADデータなど、大容量データを、グローバルに実用的な時間内に安全、安定して流通させるため、従来使用してきた専用回線ではなく、アカマイ・テクノロジーズが提供するインターネットを活用したソリューションを利用する。自動車関連部品メーカーが、PDMでこの技術を活用するのは世界初。

この技術を活用することで、今後、海外拠点の増加に対して、より安価で、機敏に情報流通環境を構築でき、カルソニックカンセイの中期計画「CK G×4 T10」で目指す姿の一つである「グローバル化」を支える重要な技術になるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集