四電工、四国外で初のメガソーラー事業…つくばみらい市に出力1.1MW

自動車 ビジネス 企業動向

メガソーラーの建設地
  • メガソーラーの建設地
四国電力系の電工会社である四電工は、茨城県つくばみらい市に出力1.1MWのメガソーラーを建設すると発表した。今後、同メガソーラーの電力を使って首都圏で売電事業を進めると見られる。

同社は、これまで四国内でメガソーラー事業の計画を公表しているが、四国外での案件は今回のつくば市が初めてとなる。

つくばみらい市のメガソーラーは、平成26年下期の運転開始を予定しており、年間発電電力量は120万kWhで、一般家庭の年間使用電力量で換算して330万世帯分に相当する規模。

太陽光発電設備の設計・建設で得た技術やノウハウを生かし、発電事業にも積極的に乗り出している同社は、今後、同社は四国内に限らず、メガソーラーの適地に進出することが予測される。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品