【ジロ・デ・イタリア14】新城は落車後の不調から脱却できず

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

快晴となったジロ・デ・イタリア第10ステージ、集団の中で順調に走る新城
  • 快晴となったジロ・デ・イタリア第10ステージ、集団の中で順調に走る新城
  • ジロ・デ・イタリア第10ステージを制したブアニ
  • ジロ・デ・イタリア第10ステージの表彰式で、前日のチーム成績1位を表彰されたヨーロッパカーの登壇者の1人に
ジロ・デ・イタリア第10ステージでヨーロッパカーの新城幸也は140位でステージを終えた。ゴール前で落車があったが、新城はゴールスプリントに絡んでいなかったので、これに巻き込まれることはなかった。

「痛みはだいぶよくなった。平坦はもう問題ない。でも、調子はイマイチ…。よくなってくるだろう」とコメント。

スタート地は2012年5月20日に発生したイタリア北部地震で大きな影響を受けたこともあり、この日は胸に白いバラのリボンを付けて走るイタリアチームもあった。

レースは序盤に2選手がエスケープするものの、ゴール15km手前で集団に吸収、このまま集団スプリントかと思われたが、ゴール直前のダラダラとした上りでスプリントに加わらず後方に下がる選手と、スプリントに突入する選手とがはっきり分かれた。

さらにテクニカルなコーナーが続いたゴール直前、残り700mで集団を分断する落車が発生。その状況でもすでに前方に位置していたエフデジュポワンエフエルのナセル・ブアニが大会3勝目を挙げた。
《飯島美和@CycleStyle》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品