古河、GSユアサに続き、ボッシュも市販バッテリーを値上げ…鉛価格が高止まり

自動車 ビジネス 国内マーケット

ボッシュは、国内市販バッテリーのメーカー出荷価格を7月1日より10%以上、値上げすると発表した。

鉛蓄電池の主原材料である鉛価格の高止まりに加え、円安の影響による輸入コストの上昇が続いている状況となり、今後もこの傾向が継続的なものとなる見通しとなっている。

同社ではコスト削減や生産性の向上などに取り組んできたが、企業努力のみでは吸収しきれない状況になったとして、国内補修用自動車電池のメーカー出荷価格値上げを決定した。

国内バッテリーメーカーでは、古河電池が3月1日より5%~10%、GSユアサが5月1日から10%以上、それぞれ値上げを実施している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集