タニタ、家庭用体組成計の新ブランド「インナースキャンデュアル」第1弾を発売

エンターテインメント 話題

RD-901
  • RD-901
 タニタは、デュアル周波数計測機能を採用し、精度を向上させた家庭用体組成計の新ブランド「インナースキャンデュアル」を立ち上げ、第1弾商品として、標準モデル『RD-900』と50g単位の高精度体重計測が可能な上位モデル『RD-901』の2機種を5月30日に発売する。

 2機種ともにカラーはブラックとホワイトの2色で、オープン価格となっている。両モデルともBluetooth V4.0に対応しており、計測結果をiPhoneに転送し、専用アプリで管理することができる。専用アプリは4種類をラインアップし、5月14日からApp Storeで配信している。いずれも基本利用料は無料で、目的に合わせた健康管理やからだづくりをサポートする。

 体脂肪計・体組成計は計測方式として生体インピーダンス法を採用している。ほとんどの家庭向け商品は1つの周波数で体組成を計測しているため、からだの水分状態の影響を受けて計測結果が安定しない場合があった。同商品は、プロフェッショナル仕様の機器で標準となっている2つの周波数で体組成を計測することで、からだの水分の状態に関わらず、精度の高い計測結果を得ることができる。

 大きさは2機種とも縦298mm×横328mm×厚さ31mm(「RD-901」は厚さ32mm)。デュアル周波数をイメージした、2本の光るラインを縦に配し、先進性や未来を感じさせるとともに、所有感を満たすモダンスタイリッシュなデザインを意識している。
《浦和 武蔵》

編集部おすすめのニュース