三菱ジェット本格生産に対応 旭精機、三菱重工内に分工場

航空 企業動向

旭精機は、航空機部品を加工する工場を、三菱重工業の神戸造船所(兵庫県神戸市兵庫区)内に開設すると発表した。

旭精機は、三菱航空機が開発中の国際リージョナルジェット「MRJ」(三菱リージョナルジェット)の主翼スキン・パネル機械加工を三菱重工から受注している。今回、MRJの本格生産体制に対応するため、本社工場(愛知県尾張旭市)に次ぐ2つ目の生産拠点として三菱重工業の神戸造船所内に航空機部品を加工する「神戸分工場」を開設する。

土地と建物は三菱重工から賃借する。投資額は2016年度から2018年度まで、機械装置などの購入に約20億円を投じる。

新工場は2017年に稼働する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集