デルタ航空、復活祭ずれ込みで旅客単位収益が6%増、搭乗率は84.7%…4月

航空 企業動向

デルタ航空は、4月の輸送・財務実績を発表した。

4月の旅客単位収益(PRASM)は、米国内線、大西洋路線、中南米路線が堅調に推移したため、前年同月比6.0%増加した。

また、今年のイースター・ホリデー(復活祭休暇)が例年より遅く、3月から4月になったことも、4月の旅客単位収益増に影響した。

輸送旅客人数は同6.5%増の1441万9159人だった。

座席利用率は前年同月から2.9ポイントアップして84.7%だった。米国内線は幹線、ローカル線とも順調で86.0%と、3.2ポイントアップした。国際線は中南米線、太平洋線が増加して2.3ポイントアップの82.7%となった。

幹線のコンプリーションファクター(運航の完了・達成率)は99.9%、定時到着率(到着予定時刻から14分以内の到着)は85.2%だった。

日本発着路線を含む太平洋路線の有償旅客マイルは同1.1%増、座席利用率は1ポイント減の78.9%だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集