車道に座り込んでいた男性、ひき逃げされ死亡

自動車 社会 社会

11日午前4時15分ごろ、埼玉県所沢市内の県道で、車道に座り込んでいたとみられる35歳の男性に対し、進行してきた乗用車が衝突する事故が起きた。男性は死亡したが、クルマはそのまま逃走。警察では死亡ひき逃げ事件として捜査している。

埼玉県警・所沢署によると、現場は所沢市大字北秋津付近で片側1車線の直線区間。35歳の男性は車道側を向く状態で座り込んでいたところ、進行してきた乗用車とみられる車両にはねられた。

男性はクルマにひきずられて全身を強打。近くの病院へ収容されたが、まもなく死亡した。男性をはねたクルマは現場から逃走しており、警察は死亡ひき逃げ事件として捜査している。

クルマは男性をはねた後、バックで振り落として逃げたものとみられており、警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集