トレンガヌ州政権に暗雲、州首相らが離反…BNが過半数割り込む

エマージング・マーケット 東南アジア

トレンガヌ州のアハマド・サイド首相が12日、ナジブ・ラザク首相に辞表を提出。同日、アハマド・ラジフ氏が新たな州首相に就任した。

アハマド氏は辞任直後に与党第一党・統一マレー国民組織(UMNO)離党を発表。アハマド氏に追随してガザリ・タイブ、ロスリー・ダウドの両州議会議員もUMNO離脱を発表(ロスリー氏は後に撤回)し、同州の与党連合・国民戦線(BN)政権が揺らいでいる。

UMNOを離党した2氏は当面無所属となるが、野党・汎マレーシア・イスラム党(PAS)についた場合には同州議会におけるPASの議席数が16議席となり、15議席のBNを上回る。PASに合流しなかった場合でも、BNが過半数を割り込むことになる。同州議会を解散し出直し選挙を行うべきとの声も上がっており、同州政局がさらに混乱、引いてはマレーシア航空機事件やイスラム刑法問題などでガタ落ち状態のナジブ政権の求心力がさらに低下することも予想される。

アハマド氏については、2008年3月の総選挙後にBNがイドリス・ジュソー前首相の再任を決めたものの、現国王であるミザン・ザイナル州王がBNの決定を無視してアハマド氏を強行指名、双方の対立が高まる中、最終的にはBNが折れる形でアハマド氏の就任が決まったといういきさつがある。

アハマド氏の在任中の実績に関してはUMNO内部からも批判が多く、さらに昨年5月の総選挙でBNが同州で大幅に議席を減らしたことから、BN内部からも次回の総選挙をアハマド氏の下では戦えないとの不満の声が上がっていた。惨敗した総選挙後に去就問題が浮上したが、5月の娘の結婚式まで州首相の地位にとどまりたいとするアハマド氏の意向とUMNO内部の不満の間をとってナジブ首相が1年のみの任期延長を認めたとの情報もある。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース