小倉クラッチの通期決算…北米・アジア向け好調で営業益3倍増

自動車 ビジネス 企業動向

小倉クラッチ(参考画像)
  • 小倉クラッチ(参考画像)
小倉クラッチは5月14日、2014年3月期(通期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は380億4400万円(前年同期比+11.2%)、営業利益は9億9300万円(+314.5%)、経常利益は11億3200万円(+283.9%)、純利益は4億7700万円(+265.0%)だった。

輸送機器用事業では、米国経済の景気回復に支えられ、北米及びアジアの販売が増加となり、国内販売も輸出における円安効果等から順調に推移。一般産業用事業では、OA機器、モーター業界向けの販売は減少したが、変減速機業界、昇降・運搬業界向けの販売が増加した。

2015年3月期の業績見通しについては、売上高383億円(+0.7%)、営業利益9億円(-9.4%)、経常利益8億円(-29.3%)、純利益4億5000万円(-5.8%)とした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集