フォルクスワーゲン盛岡南、5月24日新規オープン…北東北3県初のモジュラーコンセプト導入店

自動車 ビジネス 企業動向

新型フォルクスワーゲン ゴルフ(参考画像)
  • 新型フォルクスワーゲン ゴルフ(参考画像)
フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)と正規販売店の契約を結ぶトライ・ブイは、岩手県盛岡市に「フォルクスワーゲン盛岡南」を新たにオープンし、5月24日より営業を開始する。

フォルクスワーゲン盛岡南は、「フォルクスワーゲン仙台北」「フォルクスワーゲン仙台南」を運営するトライ・ブイグループにとって3店舗目のフォルクスワーゲン専売店。岩手県下では「フォルクスワーゲン盛岡」に次いで2店舗目の正規販売店となる。

新店舗は、VGJがディーラーネットワーク戦略として進めている「ハブ&スポーク戦略」に基づき、盛岡エリアをカバーする店舗として計画され、近年発展が著しい盛岡市北飯岡の盛岡西バイパス沿いの好立地に位置している。

また新店舗は、北東北3県下(青森県・岩手県・秋田県)で初めて、フォルクスワーゲンのコーポレートデザイン「モジュラー コンセプト」を導入した店舗になる。同コンセプトの重要なデザイン要素であるホワイトフレームがショールームを囲い、フォルクスワーゲンの店舗としての存在感を際立たせるとともに、白で統一されたクリーンなショールームには、常時7台のフォルクスワーゲンが展示可能になっている。また、フォルクスワーゲンの認定中古車ブランド「ダス・ヴェルトアウト」の展示コーナーも併設される。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集