いたずらか? 路上放置の丸太やブロックで次々事故

自動車 社会 社会

6日午前2時35分ごろ、北海道札幌市手稲区内の道道を走行していた乗用車やトラックが、車道上に放置されていた丸太やコンクリートブロックに衝突する事故が起きた。人的な被害は無かったが、警察では悪質ないたずらとみて、捜査を開始している。

北海道警・札幌手稲署によると、現場は札幌市手稲区新発寒4条3丁目付近で片側2車線の直線区間。丸太10本とコンクリートブロックなど12個は道路を塞ぐような状態で並べられており、丸太には乗用車が衝突。直後に対向車線側でコンクリートブロックに大型トラックが衝突した。

この事故でいずれの車両も小破したが、人的な被害はなかった。警察では悪質ないたずらとみて、道路交通法違反(禁止行為)容疑で捜査を進めている。

現場周辺の半径2.5km圏内では4月下旬から同様の事件がこれまでに6件発生しており、警察では同一犯による可能性が高いとみて、現場周辺に設置された防犯カメラ映像の分析を進めるとともに、不審者の目撃情報の収集も進める方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集