UDトラックスとボルボ、製品の共用化はあるのか…開発戦略を問う

自動車 ビジネス 企業動向

8日開催されたUDトラックスによる新生クオンの発表試乗会のプレゼンテーションと質疑応答では、同社とボルボの製品戦略に関わる説明もあった。

UDトラックス・グローバルブランド シニアバイスプレジデント ロイック・メリノー氏は、ボルボとの製品の共用化などは考えているかと訊かれ、「ボルボグループでは、それぞれの企業の持つテクノロジーから最適なものを選択し、製品開発を行っている。ESCOT-Vはその好例だろう。このトランスミッションはグローバルな市場で成功している」と答えた。さらに、「国や地域によって環境基準や道路事情などに合わせるため、各国での製品開発は、グループ内の技術のうち市場やニーズに最適なものを選ぶ」とも述べた。

他にUDの技術でグローバル展開できているものはないかとの質問には「中型トラックのエンジンはEURO6にも対応可能で、環境性能がヨーロッパでも評価されている。もちろんアジアでもこのクラスのエンジンは成功している」と回答。

トラックのクラス区分や排気ガス規制などは国ごとに異なる。大陸を横断するようなトラックと恒常的な渋滞を前提にしたトラックでは、やはり完全な共通化は難しいようだ。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集