アルパイン、リアビジョン最大サイズの11.4型モデルを発表

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

アルパインは、11.4型の大画面・高画質タイプをはじめとする新型リアビジョンシリーズを発表。5月下旬より順次販売を開始する。

今回の新製品では、リアビジョンでは最大サイズとなる11.4型モニターを搭載したモデルが登場。同時発表の10.1型モデルと合わせて、WSVGAの高画質液晶を採用することで、地上デジタル放送やDVDビデオなどの映像を高画質で楽しむことができる。

同社では、11.4型大型モニターを装着するにあたり、新たに別売の天井埋め込み型の車種専用取付けキットを開発。モニターをクルマの天井に埋め込むように装着することで、モニター全開時でも従来製品とほぼ同サイズの高さを実現。後方視界を考慮した設計となっている。

また、上位モデルでは新たにHDMI接続に対応。同時発表のアルパイン製車種専用カーAV/ナビゲーション一体機と別売のHDMI接続リアビジョン用リアビジョンリンクケーブルで接続すれば、スマートフォンの動画やアプリを楽しめるとともに、出かけ先で撮影したビデオや写真を、家族全員で楽しむこともできる。

新製品は、天井取付け型が11.4型、10.1型、9型の3種類、アーム取付け型は10.1型と9型の2種類を用意。天井取付け型には、プラズマクラスター技術搭載モデルを設定するなど、クルマや使い方に応じて選べるラインアップとしている。

価格はすべてオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集