名村造船所、省燃費性能を追求した3.4万トン型ばら積運搬船「アフリカン・ラーク」引き渡し

船舶 企業動向

名村造船所、3.4万トン型ばら積運搬船「アフリカン・ラーク」を引き渡し
  • 名村造船所、3.4万トン型ばら積運搬船「アフリカン・ラーク」を引き渡し
名村造船所は、伊万里事業所(佐賀県)で建造していたアフリカン・ラーク・シッピング向け、3万4000トン型ばら積運搬船「アフリカン・ラーク」の命名・引渡式を行った。

船は、名村造船所グループの函館どつくと共同開発した、同社建造3万4000トン型ハンディサイズバルクキャリア「HIGH BULK 34E」シリーズの第4番船となる。

穀物、石炭、鉄製品、ログなどを運搬するバルクキャリアで、浅喫水船をコンセプトとし、高い推進性能と省燃費性能、積み高の極大化を追求した船型。名村造船所が独自に開発した「Namura flow Control Fin(NCF)」と「舵付きフィン(Rudder Fin)」を装備し、推進性能向上とともに燃料消費量の低減を図っている。

貨物艙は全てセミボックス形状で広い艙口を持ち、5ホールド/5ハッチとし、デッキ上にはログ積みを行うために上甲板に固定式と起倒式のスタンションを装備している。

各ハッチカバー間の船体中心線上に4基のデッキクレーンを装備しており、荷役設備が無い港湾でも荷役作業が可能。バラスト水管理条約発効に先立ち、バラスト水処理装置を搭載しており、バラスト水の水質を制御することで海洋環境を保護する。バラストタンク新塗装性能基準を適用し、バラストタンクの腐食防止し、船舶の安全性を高めている。

主機関、発電機関は海洋汚染防止条約(MARPOL条約)によるNOx排出規制(Tier2)に適合した機種を採用している。

船は命名された後、カナダに向けて処女航海の途についた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース