富士通研、人やクルマの流れを把握できる軌跡分析技術を開発

自動車 テクノロジー ITS

生成した経路グラフ
  • 生成した経路グラフ
  • 軌跡データの集約
富士通研究所は5月7日、GPSなどで測位した軌跡データを分析に適した形にまとめ、人やクルマの流れを大局的に把握できる軌跡分析技術を開発したと発表した。

交通分野の軌跡分析では、軌跡データの含まれるすべての座標を道路地図上の道路データに対応させ移動経路を分析する方法が一般的だが、道路データが細かすぎて交通の流れが分散して見えてしまうという課題があった。

富士通研究所は今回、軌跡の形状を考慮した類似度に基づいて軌跡データを集約し、大局的な人や車の流れを表現した経路グラフを生成。道路データを用いることなく経路分析のような大局的な交通流分析が可能な技術を開発した。

新技術を用いることで、マラソン大会などの大規模イベント開催時に、多くの人が利用する迂回ルートを素早く抽出。事前の推奨通行ルートの設定や誘導計画に反映することができる。また、道路データが不要なことから、道路地図がない大規模テーマパーク内の人の流れ、航空機や船舶の航路分析などへの応用も可能となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集