22トンの鉄板を積載した大型トレーラーが転覆、運転者死亡

自動車 社会 社会

2日午前7時10分ごろ、静岡県富士市内の県道を走行していた大型トレーラーが路外に逸脱。転覆する事故が起きた。この事故で運転席部分が大破し、運転していた30歳の男性が死亡している。

静岡県警・富士署によると、現場は富士市神戸付近で片側1車線の緩やかなカーブ。大型トレーラーはカーブを進行中に路外へ逸脱。続く直線区間に入ったところで横転、さらに転覆した。

この事故で運転席部分が押し潰されるようにして大破。運転していた神奈川県川崎市内に在住する30歳の男性が全身強打で死亡した。状況から即死したものとみられている。

トレーラーには約22トンの鉄板が積載されていた。警察ではカーブを進行中にバランスを崩したものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集