山形鉄道、100周年の駅舎で写真展

鉄道 企業動向

写真展が開かれるフラワー長井線の西大塚駅。駅舎は100年前のものが現在も使われている。
  • 写真展が開かれるフラワー長井線の西大塚駅。駅舎は100年前のものが現在も使われている。
  • フラワー長井線の列車と西大塚駅の駅舎。秋に開設100周年を迎える。
山形鉄道は5月3日から6日まで、フラワー長井線西大塚駅(山形県川西町)の駅務室で写真展「山形鉄道の四季」を開催する。開催時間は10時から18時まで。

フラワー長井線は1913年10月26日、国鉄の長井軽便線として赤湯~梨郷間が開業。翌1914年11月15日には梨郷~長井間が延伸開業し、後に線名を長井線に改称して1923年4月23日までに全通した。1988年10月25日には第三セクター化され、山形鉄道が運営するフラワー長井線となった。

西大塚駅は1914年の延伸開業と同時に開設された。延伸開業時に整備された駅舎が現在も使用されており、今年で100周年を迎える。山形鉄道は「味わい深い木造駅舎の室内で、四季を走る山形鉄道の風景写真をご覧いただけます」としている。

写真展に出展するのは米屋こうじさんら4人。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集