【北京モーターショー14】凝ったターボとAWD機構でX3/Q3と正面対決…レクサス NX200t[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
北京モータショー14 レクサス
  • 北京モータショー14 レクサス
  • 北京モータショー14 レクサス
  • 北京モータショー14 レクサス
  • 北京モータショー14 レクサス
  • 北京モータショー14 レクサス
  • 北京モータショー14 レクサス
  • 北京モータショー14 レクサス
  • 北京モータショー14 レクサス
レクサスは北京モータショー14の会場で、同社初のコンパクトクロスオーバーSUV『NX200t』を発表した。

NXには新開発の2.0リットルターボエンジンを搭載した『NX200t』の他に2.5リットルエンジンにハイブリッドシステムを組み合わせた『NX300h』をラインナップ。同車のボディサイズは全長4630×全幅1845×全高1645mmとなり、搭載される新開発のターボエンジンには、水冷式エキゾーストマニホールドが一体となったシリンダーヘッドにツインスクロールターボチャージャーが組み合わされ、世界初採用の技術である。

最高出力は238PS、最大トルクは35.7kgmとなっており、このエンジンには新開発の6ATが組み合わされる。なおターボの4WDモデルには、前後輪の駆動力を自動制御するトルクベクタリング機構「ダイナミックトルクコントロールAWD」が採用されているのもトピックだ。

日本での発売は2014年後半を予定している。BMW『X3』やアウディ『Q3』など海外プレミアムブランドSUVが主要ライバルとなるが、この市場にNXがどれだけ割って入れるかが注目だ。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集