【バリアフリー14】トヨタブース、ヴォクシー車いす仕様車・ポルテ サイドアクセス車など多彩な車種を紹介

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタブース
  • トヨタブース
  • トヨタブース
  • ヴォクシー車いす仕様車
  • ヴォクシー車いす仕様車
  • ヴォクシー車いす仕様車
  • ヴォクシー車いす仕様車
  • ヴォクシー車いす仕様車
  • ヴォクシー車いす仕様車
4月17日~19日に大阪市のインテックス大阪で開催されたバリアフリー14で、トヨタは『ヴォクシー』の「車いす仕様車」や『ポルテ』の「サイドアクセス車」などを中心に多彩な車種を展示した。

新型になったヴォクシー車イス仕様車は、スロープをリアの床面に格納するとサードシートを使用できるようになって利便性が向上した。スロープの幅も従来より1cm広くなった。車いすの乗降時に車高を下げる車高調整スイッチも設けられている。

ポルテサイドアクセス車は、助手席のシート自体が車いすになる脱着シート仕様と、専用車いすに座った状態で助手席に乗降できる専用車いす仕様を選択できる。サイドアクセスユニットは共通で、専用車いすを使用する場合には、車いすの固定装置をユニットに取り付けて専用車いすを載せる。

自分で車を運転する車いす使用者が容易に運転席に乗り込める『ウエルライド車』も展示された。後席からウエルライドが下降して、車いすをウルライドに載せて、使用者は移乗シートに座り、移乗シートから運転席に乗り移ることができる。車いすはウェルライドと共に後席部分に収納される。

手動で助手席を回転させて助手席への乗降を容易にする『助手席回転シート車』も展示された。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集