クラレ、米アミリス社と提携強化し新規バイオ系液状ゴムの開発加速

自動車 ビジネス 企業動向
クラレのケミカル事業
  • クラレのケミカル事業
  • クラレの研究開発体制
クラレは4月23日、新規バイオ系液状ゴムの開発を加速するため、原料供給元の米バイオ化学品企業Amyris Inc.(アミリス社)と2014年3月に新たな共同開発契約を締結するとともに、同社への戦略的出資を完了した発表した。

以前からクラレは、タイヤ用途を中心に、イソプレン系・ブタジエン系の液状ゴムを事業展開してきた。また、アミリス社が保有するバイオ由来の新規ジエンモノマー「ファルネセン」を原料とした液状ゴム(Liquid Farnesene Rubber : LFR)の開発に成功した。

同社はタイヤの主原料であるゴムにLFRを添加することでタイヤの転がり抵抗が低減、低燃費化につながることを見い出した。そこで2011年にアミリス社と共同開発契約を締結し、国内外タイヤメーカーとの連携の下、評価を進めている。

今回、同社は2011年~2014年の現契約を2年間延長して、「ファルネセン」を使用した共同開発の対象範囲を、コア事業の一つである水添スチレン系エラストマーへ拡大する共同開発契約を締結した。同時に、アミリス社への4百万ドルの出資を決定するという戦略的出資を行った。

アミリス社は2003年に設立され、カリフォルニア州サンフランシスコ郊外に拠点を置き、2010年にNASDAQに上場したバイオ分野の先端技術開発企業。アミリス社のバイオ製品は、香料、化粧品やパーソナルケア、さらにはプラスチック添加剤やディーゼル燃料やジェット燃料など、幅広い用途に展開されている。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

  • クラレ、鹿島事業所で液状ゴム生産設備を増設…低燃費タイヤ需要に対応 画像 クラレ、鹿島事業所で液状ゴム生産設備を増設…低燃費タイヤ需要に対応
  • 植物由来原料のリチウムイオン二次電池負極材 クレハとクラレが共同事業化へ 画像 植物由来原料のリチウムイオン二次電池負極材 クレハとクラレが共同事業化へ
  • クレハ、伊藤忠など4社、LiB部材会社に200億円の資本投入 画像 クレハ、伊藤忠など4社、LiB部材会社に200億円の資本投入

特集