NATO、民間航空機にコソボ上空の飛行を解禁…年間18万便にコスト削減効果

航空 行政
NATO、コソボ上空の通過を民間機に開放
  • NATO、コソボ上空の通過を民間機に開放

NATO(北大西洋条約機構)は、民間航空機にコソボ上空の飛行を開放したと発表した。

ハンガリー政府の要請にNATOが対応したもの。

コソボ空域の開放は、民間航空会社が迂回する必要が無くなり、大幅なコスト削減と到着時間までの時間短縮が図れる。NATOでは民間航空機年間18万便がこれらの効果が得られると推定している。

民間航空機は通過できるものの、コソボ上空は引き続き、NATO/KFORの管轄下にある。

《レスポンス編集部》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース