マレーシア・ペナン島で渇水、降雨なければ36日で水不足に

エマージング・マーケット 東南アジア

ペナン州のリム・グアンエン州首相は、ダムの水位が下がっていることから雨が降らない場合、36日内に水不足に陥るだろうと懸念を表明した。

ペナン島にはダムは▽アイル・イタム▽テルク・バハン▽メンクアン--の3カ所あり、それぞれ貯水率が74%、90%、50%となっている。

23日にアイル・イタム・ダムを視察したはリム州首相は、「3月まで降雨がない場合には悪化する状況に備える必要がある」と述べ、何らかの方法で水源確保を模索することになると言明。貯水量が40%まで下がれば、給水制限を実施する可能性があると示唆した。
またリム州首相は、ペナン州民の一日当たりの水道使用量が300リットルと、全国平均の215リットルを大きく上回っていると指摘。ペナン州の水道料金がジョホール州などより大幅に安いことに感謝して、もっと節水に努めて欲しいと呼び掛けた。

現在メンクアン・ダムの拡張工事を行っており、2016年に完成すれば渇水期の4カ月を賄う貯水が可能になるという。
(ザ・サン、2月24日、ベルナマ通信、2月23日)
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース