アジア初の海上アドベンチャーパーク、マレーシアで開業

エマージング・マーケット 東南アジア

ビーチの浅瀬をそのまま利用したアジア初の水上テーマパーク「ウェット・ワールド・ワイルド・アドベンチャー・パーク」(WWW)が25日、ペナン島バトゥ・フェリンギでソフトオープンした。

総工費は300万リンギで、ドイツのテクノロジーを導入した。開園式典にはリム・グアンエン州首相も出席した。

テレビの人気番組「ワイプ・アウト」に出てくるような▽ロッククライミング▽障害物▽トランポリン▽壁▽スライド▽人間カタパルト--などの難関が水上に設置され、入場者はこれらの関門をクリアしながら進むというスタイル。

開園時間は午前9時から午後7時まで、入場料は大人40リンギ、子供30リンギとなっている。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品