メディアシーク、QRコード+スマホの交通情報配信システムを実験開始

自動車 ビジネス 企業動向

実証実験の利用イメージ
  • 実証実験の利用イメージ
  • 「アイコニット」画面
 メディアシークは12月24日、バス会社と連携して、交通機関向けにQRコードを使った交通・地域情報等配信システムの実証実験を開始した。

 この新システムは、メディアシークが提供するスマートフォン向け無料バーコード読取りアプリ「バーコードリーダー/アイコニット」を活用したものとなる。「アイコニット」は、ユーザーがバーコードやQRコードを読み取った情報を、アイコンとしてアプリ内の「アイコン帳」に保存できるアプリ。スマートフォン画面にどのような情報を提供するか、アイコン提供者が自由に設定でき、さまざまなプロモーションに活用できる。これまでに、化粧品大手のドクターシーラボや自由民主党、岐阜県等が採用している。

 今回の実証実験では、アイコニット対応のQRコードを駅や停留所等に掲示。これを読み取ることで、最新の時刻表や交通情報が取得できる。同時にスマートフォンには「バス停アイコン」が自動的に登録される。時刻表やその他情報がアップデートされると、バス停アイコンに「お知らせ」が届き、ユーザーは、常に最新の情報を入手可能となる。

 今回の実証実験では、バス会社の7か所の停留所にQRコードを掲載したステッカーを掲出し、今後の本格導入に向け、情報へのアクセス数などのデータを収集する予定。
《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品