【2014年3月ダイヤ改正】青い森鉄道、新駅開業と車両増備で輸送力強化

鉄道 企業動向

青い森鉄道は12月20日、筒井駅(青森市)の開業などに伴うダイヤ改正を2014年3月に実施すると発表した。車両の増備により列車を増発するなど、輸送力の強化が主な内容となる。

筒井駅は青い森鉄道線の東青森~青森間に設置される新駅。東青森駅から1.3km、青森駅から4.5kmの地点に設けられ、快速列車が下り3本・上り4本、普通列車が下り23本・上り22本停車する。同駅の開業により利用者の増加が見込まれることから、青い森鉄道は11年ぶりの新造車両となる青い森703系を4両(2両編成2本)増備。ラッシュ時を中心に列車の増発を行う。

浅虫温泉~青森間では、初列車から9時台まで下り1本・上り4本の増発を行う。また、八戸~青森間の直通列車もシャトル便の運用を見直すことで増強し、下りは現在より4本多い22本、上りも5本増やして22本にする。これにより昼間時間帯も1時間あたりほぼ1本の運転本数が確保される。

このほか、八戸線乗り入れの普通列車や大湊線直通の快速『しもきた』で使用しているJRの気動車を、青い森鉄道の電車に置き換えたダイヤに変更する。また、青い森703系を使用した快速列車を八戸~青森間で上下7本運転する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集