ルフトハンザドイツ航空、羽田への運航を開始すると共にANAとのパートナーシップを強化

航空 企業動向

ルフトハンザドイツ航空
  • ルフトハンザドイツ航空
ルフトハンザ・グループは12月18日、フランクフルトとミュンヘンからの羽田空港へのフライトを開始することで日本へのサービスを増加させ、さらにANAと協力して日本でのネットワークを拡大すると共に、同社のドイツへの運航を拡張することを発表した。

ルフトハンザドイツ航空は東京の都市の中心地から14キロメートルの距離にあり、モノレールのアクセスによって15分で都心部に到達できる羽田空港の利用性に注目し、さらにANAの持つ国内ネットワークを利用することで40以上の日本の目的地と接続できることを目指している。

羽田空港は現在国内向けの空港として日本の航空会社に留保されているが、ルフトハンザ・グループは日本の管理者が羽田空港を国際フライトにオープンすることを追って、日本の最も多忙な空港であるANAのハブに飛行することとなる。

2014年3月30日より羽田空港では、ルフトハンザのフランクフルトとミュンヘンからのノンストップデイリーサービスが行われることとなる。そしてANAは2014年の夏より日本とドイツの間の接続を拡大し、フランクフルトへの日に2回のサービスを羽田空港より実施する。

ANAのタイムテーブルにとって新しい便は、2014年3月30日より『ボーイング787』によって、成田空港からデュッセルドルフに向かって運航が開始される。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集