三菱重工、スリランカ初の高速道路向け交通管制システムを受注

自動車 ビジネス 海外マーケット

三菱重工業は12月19日、スリランカ向けに高速道路の交通管制システムを受注したと発表した。

今回の受注は同国の高速道路に設置される初の交通管制システムで、同社が手掛ける本格的な高速道路の交通管制システムとしても初めてのものとなる。運用開始は2014年末の予定。

交通管制システムが設置されるのは、首都コロンボと南部の都市ゴールを結ぶ南部高速道路の約95kmにわたる区間で、工事は日本政府の無償資金協力により行われる。同社は、発注者のスリランカ道路開発庁(RDA)との設計・調達・据付から調整・トレーニングまでを含むパッケージ契約に基づき、交通情報表示板24台をはじめ、車両検知カメラ、気象検知機などの路側機器、データ処理や運用状況モニターを行うセンターシステムなど一式を納入する。

2011年11月に開通した南部高速道路は、将来的に近隣高速道路との接続を予定。また、スリランカ国内ではさらなる高速道路の建設も進んでおり、今後は急激な車両通行量の増加が見込まれている。RDAではこうした事情を踏まえ、高速道路の利用者に雨天時や交通事故発生時に各種交通情報を適切に提供し、渋滞や二次被害を防ぎ安全で円滑な高速道路交通を実現していくため、ITS(高度道路情報システム)化の推進を決めた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集