大型バイクによる死亡ひき逃げ、証拠隠滅に協力した容疑者の家族らも書類送検

自動車 社会 社会

今年10月、神奈川県平塚市内で発生した大型バイクによる死亡ひき逃げ事件について、神奈川県警は13日、このバイクを運転していたとして、ひき逃げ容疑で逮捕された20歳の男に依頼され、事故を起こしたバイクを隠すなどした5人を証拠隠滅や同幇助容疑で書類送検した。

神奈川県警・平塚署によると、問題の事故は2013年10月16日の午後11時50分ごろ発生した。平塚市横内付近の市道(片側1車線の直線区間)を走行していた大型バイクが前走車を追い抜こうと対向車線側へ進入。対向車線を順走していた原付バイクと衝突。転倒したバイクは乗員ごと対向車線に滑走し、大型バイクの後ろを走行してきたワゴン車とも衝突した。

この事故で原付バイクを運転していた30歳の男性が全身強打でまもなく死亡。大型バイクとワゴン車は現場から逃走したため、警察は死亡ひき逃げ事件として捜査を開始。目撃情報などからワゴン車を運転していた26歳の男を自動車運転過失致死や道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で自己の翌日に逮捕。バイクを運転していた20歳の男は11月中旬に逮捕した。

また、バイクを運転していた男の捜査を進める過程で、男の両親が事故を起こしたバイクを隠していたことが判明。友人の男2人は事故によって破損したミラーなど、パーツの交換を行っていた。さらに事故を目撃していた男の交際相手の女は「事故は知らない」などと虚偽の証言を行っていたことが発覚。警察はこの5人についても証拠隠滅や同幇助容疑で書類送検している。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品