中華航空、タイガーエアと共に台湾のLCC「タイガーエア台湾」を創設

航空 企業動向

中華航空(チャイナエアライン)は12月16日、シンガポールのタイガーエアと、ベンチャーLCCである「タイガーエア台湾」の運用を開始することを発表した。

この新しいLCCは、2014年の終盤に運航を開始することが予定されている。このLCCで旅する旅行者達は低料金を楽しむだけでなく、チケットの購入や予約をオンラインで行うことができる。

2004年に創立されたタイガーエアはシンガポール航空グループの一部であり、シンガポールのLCC産業界のリーダーである。タイガーエアのCEOであるコエイ・ペン‐イェン氏は、「この契約は我々が台湾や韓国、日本での新しい市場に進出することを助けるだろう。中華航空のこれらの市場に対する知識と、我々のLCC業界での経験は、成長を続ける競争力のあるLCCを創設することにさらなる自信をもたらす」と語った。

タイガーエア台湾の20億ドルの資本金は、中華航空グループの90パーセント、タイガーエアの10パーセントで構成され、LCCの目的地は北東及び東南アジア、香港やマカオ、中国や台湾の大都市をカバーする。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集