大型トレーラーが約20m蛇行の末、ファミリーレストランに突っ込む

自動車 社会 社会

10日午後3時30分ごろ、富山県富山市内の国道8号を走行中の大型トレーラーが蛇行しながら路外に逸脱。道路沿いにあるファミリーレストランの建物に突っ込む事故が起きた。客にケガは無かったが、トレーラーの運転者が重傷を負っている。

富山県警・富山西署によると、現場は富山市本郷東部付近で片側3車線の直線区間。大型トレーラーは蛇行して縁石に接触しながら走行。ガードレールの切れた部分から歩道に乗り上げ、道路左側にあるファミリーレストランの建物に突っ込んだ。

トレーラーは店の入口付近を直撃。店内にいた客7人と従業員4人にケガは無かったが、トレーラーを運転していた魚津市内に在住する60歳の男性が頚部骨折などの重傷を負っている。

警察ではトレーラーが約20mに渡って蛇行していた点を重視。運転者が事故前に意識を失っていた可能性も考えられるとして、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集