エア・カナダ、主要ラインのナローボディの代替にボーイング737 MAXを選択

航空 企業動向

エア・カナダ
  • エア・カナダ
エア・カナダは12月11日、同社の主要ラインに使用されているナローボディ機の代替プランを、購入契約とオプション、購入権などを含む109機のボーイング『737 MAX』によって実施することを公表した。

最終的なドキュメントとその他のコンディションを要するボーイングとの契約は、33機の737 MAX 8と28機の737 MAX 9航空機と共にそれらの航空機の間の交換権利、そして737 MAX 7航空機を含み、それはまた18機の航空機のオプションと追加の30機を購入する権利を提供する。

これらの航空機の納入は2017年の2機の航空機に始まり、2018年には16機、2019年に18機、2020年に16機、2021年に9機が予定されている。

「我々は現在進行中のエア・カナダの編隊の近代化の一部として、737 MAX航空機を購入するボーイングとの契約を発表することを喜んでいる。我々の北アメリカの細型ボディーの編隊を、さらに燃料効率の良い航空機に入れ替えることは、我々が実施している経費改変プログラムのカギとなる要素であり、ボーイングのMAXが提供する強化された乗客キャビンの快適性は、エア・カナダが北アメリカで最高の航空会社という競争力のあるポジションを確保する助けをしてくれる」とエア・カナダの社長兼CEOであるカリン・ロヴィネスク氏は語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集