ユナイテッド航空、米大陸横断路線に使用している757-200型機全機で大規模改修を完了

航空 企業動向

ユナイテッド・ビジネス・ファースト・フラットベッド・シート
  • ユナイテッド・ビジネス・ファースト・フラットベッド・シート
  • ユナイテッド・ビジネス・ファーストのエンタテインメント・システム
  • ユナイテッド・ビジネス・ファーストのUSBポート&電源
  • ユナイテッド・エコノミーのエンタテインメント・システム
  • ユナイテッド・エコノミーのUSBポート
  • ユナイテッド・ビジネス・ファーストのキャビン
ユナイテッド航空は、米大陸横断路線「p.s.(プレミアム・サービス)」で運航しているボーイング757-200型機全15機の大規模改修を完了したと発表した。

今回、改修が完了した「p.s.」機材のユナイテッド・ビジネスファーストでは、フルフラットベッドになるシートを28席提供し、フルフラット時には、最大約190センチメートルの就寝空間を提供するほか、より広い収納スペースも確保した。足元空間を約5センチメートル広げたユナイテッド・エコノミープラスを42席、ユナイテッド・エコノミー72席を用意する。

ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港とサンフランシスコ国際空港間、ジョン・F・ケネディ国際空港とロサンゼルス国際空港間の全フライトに、プレミアム・キャビンとフルフラットベッドシートの搭載を完了した航空会社は初めてとなる。

また、長距離国際路線と同様のサービスを、米国内線でも提供するため改修したユナイテッド航空の「p.s.」運航機材では、機内Wi-Fiのほか、オンデマンド型エンターテインメントシステム、電源とUSBポートを全席に用意する。

ユナイテッド航空のマーケティング、テクノロジー・事業戦略担当のジェフ・フォランド執行副社長は「p.s.運航機材への投資により、ユナイテッド航空の米大陸横断路線では更にフライヤー・フレンドリーなサービスを提供できるようになった。ユナイテッド航空では、全便で機内の快適性と利便性の拡大を図るため様々な取り組みを行っており、今回の機材改修もこうしたプロジェクトの一環」と述べている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集